霧谷 海兎のキリトリセン

お金や投資を中心に、さまざまなことについての知識・経験・思考を共有していきます。

米国株と日本株

 

はじめに

こんにちは、霧谷 海兎です。今日は四季報の発売日ですね。この記事を書き終わったら買いに行こうかと思います(メタ発言)

 

今日は米国株と日本株のお話です。どちらかと言うと、基本的な内容になるのですが、良ければご覧ください。

 

以前、安倍首相が辞任を発表した時にドル円が下がっているのを見て「円の価値が下がってる!」というツイートをしている投資アカウントを見かけました。基本的なことを疎かにして、発展的な内容は扱えないと思いますので、しっかりと知識の土台は固めておきたいものですよね。

 

米国株のメリット

f:id:kiriya_kaito:20200918153042p:plain

米国株の特長の一つとして、やはり市場そのものが強いことが挙げられますよね。NASDAQ100、S&P500、ダウ平均の代表的な3指数は強いです。投資信託ETFでパッシブ運用するなら、アメリカの指数でしょうね(もしくは全世界か)

 

指数が強いということは、それらを構成する個別銘柄も(傾向的には)強いということです。強い個別株を探しやすいというのも米国株のメリットでしょう。

 

米国株の話とは若干ズレますが、他にも米国市場では、米国以外の株も買えますね。TSMC(台湾)とか。日本の銘柄だとトヨタなども買うことができます。日本在住の日本人が米国市場で日本株を買うメリットは(多分)無いですが、中国や台湾・カナダの銘柄も扱っているのは良いですよね。

米国株のデメリット

一方でデメリットは何でしょうか。コスト為替リスクですね。日本の大手証券では、0.45%の手数料がかかります。加えて、円をドルに換える際にスプレッドが課されます。こうしたコストを考慮すると、例えば日本株と米国株で同じような銘柄があるとします。簡単にするために、配当も今までの値動きも今後予想される値動きもすべて同じであると仮定します。この場合、明らかに日本株を購入した方がよいことになりますね。

 

為替リスクは、円高や円安によるリスクです。例えば、米国株を購入し、10%上がったところで売却しました。しかし、その間に10%円高になりました。一見トントンに見えますが、この時点で既にマイナスです。

(購入時点)1ドル=100円→(売却時点)1ドル=90円

(購入時点)1株100ドル→(売却時点)1株110ドル

 

この場合、初期投資は10,000円になります。ですが、売却時点では

110×90=9,900円

になります。取引手数料とスプレッドを考慮に入れなくてもこの時点で1%のマイナスです。これに、取引手数料とスプレッドのコストが乗るので、2%台のマイナスには達しそうです。

 

これらコストと為替リスクが主なデメリットですが、加えてIRなど必要な情報が基本的に英語なことも、英語が読めない人にとっては致命的なデメリットではないでしょうか。

日本株のメリット/デメリット

日本株のメリットとデメリットは基本的に米国株のメリット/デメリットの裏返しですね。

 

日本株は、手数料が安い(場合によっては一切かからない)。(取引に関して)為替リスクがない。

 

デメリットは強い銘柄が少ないことですね。優良株はもちろんあるし、グロースなども存在しますが、米国みたいに溢れてるわけではないです。

おわりに

霧谷は3年ぐらい日本株投資のみを触ってきましたが、米国株にも手を出すようになりました。どちらにもメリットデメリットがあり、違った難しさがあります。そもそも、米国株か日本株かだけでなく、切り取り方を変えれば、短期/長期、バリュー/グロース、ファンダ/テクニカル、小型/大型などキリがありません。

 

こればかりは自分に合ったやり方で、じっくり向き合うしかないのでしょうね。

良い戦略、悪い戦略

はじめに

こんにちは、霧谷 海兎です。最近読書やアニメ鑑賞をすることが増えたのですが、前に見たものを改めて見るということが多いということに気が付きました。昔良いと感じたものって外さないですからね。ただ、なんだか歳を重ねたなあと悲しくなってしまいますね。新しいものもどんどん見ていきたいです。

 

今日は「良い戦略、悪い戦略」(日本経済新聞出版社)についてです。この本について学んだ授業が、就職先の決定に大きく影響しました。(その授業は受講者が2人で、授業時間の半分は本について、半分はキャリアについての会話でした(笑))僕にとっては思い出深い本です。

f:id:kiriya_kaito:20200914164311p:plain

 

悪い戦略の特徴

本書で説明されている悪い戦略の特徴は以下の4つ。

 

1.空疎である

2.重大な問題に取り組まない

3.目標を戦略ととりちがえている

4.間違った戦略目標を掲げている

 

1は戦略のように見えるが内容がないもの。例えば本書で説明されている例では大手銀行が「顧客中心の仲介サービスを提供すること」を基本戦略にするといったとする。しかし、顧客中心などというのはサービス業では当たり前であるし、仲介サービスは銀行の本業そのものである。つまりこれは銀行業というものについて当たり前のことをそれっぽい用語を使い述べているだけで、戦略とは言えない。

 

2は重大な問題を見えていないふりをするか、軽度や一時的なものと定義することである。例えば、ある企業が組織構造に問題を抱えており、今後成長していくためには抜本的な組織改革が必要だとする。にも関わらず、目につきやすい細かい問題の改善に取り組まず、大規模な組織改革をいつまでも行わない。これではいつまで経っても大幅な改善は見込めないうえ、組織として重要な問題が放置されることで、いずれ更に大きな問題となってツケが回ってきかねない。

 

3は単純である。「顧客満足度を10%上げる」と定めたとする。これは目標であり、戦略ではない。戦略とはその戦略目標を実行するための具体的道筋のことである。

 

4の間違った戦略目標には2つのタイプがある。1つ目のタイプは、寄せ集めの目標である。例えば、経営陣が目標を定める。売上であったり利益率であったり、従業員数、顧客満足度、業界シェアについてかもしれない。出てきたものをリストアップし、達成すべき目標とすればそれらしくなるかもしれない。しかし、こうした寄せ集めの目標は、単なる列挙にすぎず、方向性も定まらず、戦略目標とは言えない。2つ目のタイプは、非現実的な目標である。私が就活中に、あるベンチャー企業の面接官が「時価総額GAFA越えをする」と息巻いていた。他の受験者も同様のことを聞いていたらしく、どうやら企業が目標として掲げているらしい。同社は売り上げこそ拡大しているものの、数字を見る限り赤字。上場企業ですらなく、下請けに甘んじている状態、魅力的な自社プロダクトがあるわけでもない。こうした企業が、戦略目標としてGAFA越えを掲げることは、モチベーションにはなる(なるのか?)かもしれないが、少なくとも戦略としてはあまり意味のあるものだとは思えない。

 

おわりに

今回は「良い戦略、悪い戦略について」のお話でした。記事では悪い戦略の特徴について主に書きましたが、本には良い戦略と悪い戦略のそれぞれ具体例を交えながら更に踏み込んだ内容まで書かれているので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

AppleNVIDIAウォルマートだったりが例として出ています。)

 

 

(紙の書籍)

 

kindle版)

 

 

【悲報】リングフィットだけ当たったんだけどどうすればいいの

こんにちは、霧谷 海兎です。なんとこの度リングフィットアドベンチャーの抽選に当たりました!やったー!

f:id:kiriya_kaito:20200911132117p:plain

 

というのが茶番に過ぎないことを既にタイトルからお察しだと思います。

 

そう、本体がないんです。以下の通り華麗に落選してしまいました。

何かに落ちるのは就活で慣れたつもりでしたが、ダメージが止まりません。やりたかった......switch。

f:id:kiriya_kaito:20200911132251p:plain

ところでこの前近所のnojimaに行った際に、レジ裏にswitchが置いていました。

 

売り場に「在庫切れ」といった表記も無かったので「もしや、在庫あるのか......?」と期待を持ち店員の方に声をかけたところ鬱陶しそうに「無いです」と言われました。許さない。。。

 

とりあえずリングフィットアドベンチャーだけ買ってお供えしとこうかな。

 

後出しの解説に騙されないために

はじめに

こんにちは、霧谷 海兎です。皆さんは後出しじゃんけんをしたことがありますでしょうか?相手が手を出した後にこちらが手を出す、もしくはその逆というじゃんけんです。後出しをする方が(よほど頭が悪くない限り)必勝のじゃんけんです。この後出しじゃんけんに似たようなことが現実でも行われています。

 

株が上がった/下がった原因は××だ

「今日の日経平均株価は、前日の米国市場の結果を嫌気して大幅安となりました」といったようなニュースを耳にしたことがあると思います。このような解説がなされる一方で、米国市場が大幅安となっても日経平均が下がらないケースだっていくらでもあります。

 

こうしたある2つの既に出た結果を見て、正解に見えるそれっぽい解説をすることは非常に簡単です。もちろん、その解説が正解である場合もあるでしょう。しかし、少なくとも正しいかどうかは、その解説を聞いただけでは判断できないわけです。

 

少し前にウォーレン・バフェットが商社株を買ったことが話題になりました。その報道を受けて

バフェットが日本を評価しているのに、日本人投資家が米国に投資しているのは滑稽だ。割安な日本株に投資すべきだ

といった旨のツイートがされているのを目にしました。

 

結構拡散されていたようなので、真に受けて今まで持っていなかったにも関わらず個別の日本株を買った人もいるかもしれません(商社株のイナゴトレードした人も多そうです)

 

このツイートの主張が正しいかはさておき、注視すべき点が多いことは確かです。

 

①バフェットが投資したのはあくまで五大商社であり、日本を評価したと解釈するのは拡大解釈過ぎる(バフェットがこれから先更なる日本企業の株式取得に乗り出すならそう解釈しても良いかもしれないが......)

 

②バフェットが真理ではない。バフェットもIBMの投資などで失敗しているし、そもそも投資家個々人によってトレードスタイルは異なる。バフェットと違う方針をとる人間を愚かだと言い切るのはいかがなのものか。

 

③個人の主張が以前から一貫しているか

 

③に関してですが、以前から「日本株に投資すべきだ!」と主張していた人が、バフェットの商社株購入を受けて「ほらね!」と主張したがるのは心情的にはとても理解できます(正しいかはさておき)

 

しかし、「米国株が強いんだから米国に投資すべき!S&Pインデックス全力で良い」なんて言ってた人が、手のひらを返したように主張するようなケースも散見されます。少なくとも、他人の意見にホイホイ流されて自分の意見を変えるような人の言うことは真に受けない方が良いでしょう。

 

意見や主張を変えることを否定はしません。むしろ、自分の考え方は必要に応じてどんどんアップグレードしていくべきだとすら思います。一方でその変更の根拠が「他人が言ってたから」というのはいただけません。

 

こうした軸がブレて考え方が他人に左右されてしまったり、後出しの解説に上手く丸め込まれないためにできることは2つあります。

 

1つ目は、そもそも自分で考える習慣をつけることです。地道なものにはなりますが、意思決定や分析を行う上で欠かすことのできないものです。自分で考えられない人間はつけこみやすく、搾取の対象となります。

 

2つ目は、質の違う情報源を複数持つということです。ニュースメディアだけでなく、知識の多い人との繋がりを持ったり、SNSを上手く活用したりすることで、偏った情報に惑わされるリスクを減らすことができます。もちろん、1つ目の自分で判断できる力が前提となります。

 

おわりに

今回は、ニュースやSNSで見られがちな「後出しじゃんけん」についてのお話でした。後出しじゃんけんをする彼らは、材料がそろってからそれらを継ぎ接ぎします。部分部分は正しいものなので、一見真に受けてしまいそうになりますが、全体としては間違いなんてことはざらにあります。そうならないためのリテラシーは高めたいものですね。

就活を振り返る④「就活のために読んだ本7選」

こんにちは、霧谷 海兎です。最近はコロナの影響で外出しづらいので、本を読むことが増えました。元々本を読むことが好きで、家に数百冊本があるのですが、小さい頃の夢は家に書庫を作ることでした。今のところは持ち家を買う予定がないのですが、近い形で叶えたいなと思っています。

 

読む本を探しているので皆さんも何か良い本があれば、オススメしてくだされば幸いです。

 

今回は就活の時に読んだ本です。就活に関する本といえば「内定確実」とか「絶対内定」みたいな本が想起されますが、個人的には本屋でチラ見した時にあまり刺さらなかったので購入していません。以下では、僕が実際に読んだ本について説明していきます(コンサルに関しての本が多めですが、コンサル以外に使えるものも多いです)

 

 

1.日経業界地図

 

オススメ度★★★★★

 

万人向け。まず全体図を掴むための本としてうってつけです。僕は当時の最新版である2019年版を購入しましたが、今だと2021年版があるのでこちらが良いでしょう。東洋経済新聞社の方の業界地図でも問題ないと思います。

 

2.ビジネスフレームワーク図鑑

 

オススメ度★★★☆☆

 

SWOT分析や3C分析、4P分析などを耳にしたことはあるでしょうか。これらは組織の戦略や施策を考える際に用いられる手法のことです。グループディスカッションやケース面接では、考えた結論を発表しなくてはなりません。しかし、論理的でない結論は評価されません。結論を導くために論理的に分析するための道具として扱うことができるのがフレームワークです。もちろん、既にあるフレームワークを使わずに良い分析をすることもできるでしょう。一方で、これらを一切知らずに臨むのは不利になる可能性が高いです。誰かが「〇〇を使って分析しよう」と言った時、「え?それ何?」とならないようにするために有用な本です。必ずしも読む必要はないと思いますが、知識があると便利です。

 

3.イシューからはじめよ

 

オススメ度★★★★☆

 

問題解決にどう取り組むかについて述べた本です。読んで損はないと思います。多くの本が、課題解決の方法論だけについて扱う中、この本はそもそもどのような課題に取り組むべきか、というところから扱っています。かなり有名なので本屋などで見かけた方も多いのではないでしょうか。

 

4.地頭力を鍛える

 

オススメ度★★★☆☆

 

個人的には「イシューからはじめよ」より学ぶものが多かった本です。しかし、フェルミ推定が中心テーマになっていることと、少し難しめなことからこのような評価にしました。一応万人に勧められますが、どちらかと言うとハイレベルを目指す人向けです。

 

5.現役東大生が描いた地頭力を鍛えるフェルミ推定ノート

 

オススメ度★★★★☆

 

コンサル志望は大体通る東大生シリーズのうちの一冊でフェルミ推定について扱ったもの。見やすく、解説もわかりやすいのでオススメ。

 

6.東大生が書いた問題を解く力を鍛えるケース問題ノート

 

オススメ度★★★★★

 

両方読んでほしいですが、どちらかというとこちらの方がオススメです。コンサルの場合はフェルミ推定を使いビジネスケースについて考えるため2冊とも必須ですが、一般的なグループディスカッションの場合はフェルミ推定を用いない場合が多いからです。前提確認に関してはグループディスカッションでもケース面接でも特に重要です。

 

7.戦略コンサルティング・ファームの面接試験

 

オススメ度★☆☆☆☆

 

戦略コンサルに行きたい人とドMな人向け。何せ難しい。ケース問題の解答例が学生と面接官の会話形式で書いてありますが、ここに出てくる学生が賢すぎて悲しくなります。ただ、ここに書いてあることが実践できる学生なら就活は無双できると思います。

 

 

以上です。就活に限らず読み物としても面白いと思うので、興味がある方は読んでみてください。それでは!

【9/7まで】もうすぐ〆切!switch抽選販売に申し込んだ

こんにちは、霧谷 海兎です!ニンテンドーswitchが欲しいと言い続けてかれこれ2年ぐらいは経っている気がします。思い立った時に買わないとそのまま買わなくなっちゃうことって結構ありますよね。

 

先日友人と「switchの抽選販売始まったらしいね」などと話していたら、全員で買おうという話になりました。これは好機と思い、重い腰を(ようやく)上げて抽選に申し込みました。

 

今回抽選しているのは

・リングフィットアドベンチャー

・switch本体+脳トレソフト

・switch本体単体

ですね!

f:id:kiriya_kaito:20200905222523p:plain

各商品に1回ずつ応募できるとのことでした。

 

僕はリングフィットアドベンチャーとswitchが欲しかったので、それぞれ注文しました。2つカートに入れて注文しようとすると、赤字が出てきてエラーになりました。注文はそれぞれ分けてしないといけないみたいです。

 

ちなみに転売は禁止と応募規約に書いていましたね。この抽選販売で手に入れた場合は転売はやめましょね。

 

転売については下記の記事をご覧ください!

 

 

以上、switchの抽選販売に申し込んだよーってお話でした。

 

当たるといいな。

 

リングフィットアドベンチャーだけ当たっちゃったらどうしよう......

イナゴトレード

こんにちは、霧谷 海兎です。昨日Gmailに通知があったので、「もしやアドセンスの通過連絡か!」と思ったら、内定先からの連絡でした。しかも全然重要度の高くないやつ。僕の期待を返してください。

 

イナゴトレードとは

今回のテーマはイナゴトレードです。最近バフェットが日本の五大商社の株を買ったというニュースが大きく取り上げられましたね。それを受けて商社株を購入された方も多いのではないでしょうか。

 

こうした有名投資家やいわゆるインフルエンサーと呼ばれる人達の意見や行動を受けて自分の投資方針を決定することをイナゴトレードと言います。

 

イナゴトレードを実践する人は多くいます。最も多いのは、初心者が自分で意思決定できないから、投資で成功してそうな人の買ってる株や煽ってる株を買ったりですね。ただ、今回のバフェットが商社株買ったのに追随した人は、ある程度以上経験のある人も多いと思います。

 

何故人はイナゴトレードをしてしまうのか。言ってしまえば楽で安心だからですね。自分で売買に至るまでのロジックを組み立てる必要もなく、上手い(と思われる)人と同じ株式を持っているという安心感、これが人をイナゴトレードに向かわせるのでしょう。

 

イナゴトレードの是非

ここまでイナゴトレードについての説明を書いてきました。上の様子だと「じゃあ霧谷はイナゴトレード否定派か?」と思うかもしれませんが、僕はあくまで中立派です。理由は2つです。

 

1.投資の目的や方針は人によって違う

2.良いイナゴトレードもある(と僕は考える)

 

からです。1つ目は、簡単で「結局人それぞれじゃん」っていう考えによるものです。投資はしたいけどどうしても自分で考えられない・考えたくないといった人や有名人と同じ銘柄を持ちたいといった人はイナゴトレードしても構わないという考えです。あまり芳しい結果は得られないと思いますけれど。自己責任で個人の裁量で取引をやっている以上、目的や方針はそれぞれあって良くて、他人が横からとやかく言う必要はないと思っています。

 

2つ目は、自分で考えられる人はイナゴトレードしても構わないという考えです。一般にイナゴトレードをする人は自分の考えや決定に自信を持っていません。しかし、彼らは有名人のアウトプットのみを受けてトレードしているため、その後の戦略を立てられません。仮に持ち株が大きく下げた時、塩漬けにするかナンピンしてしまう方も多くいます。一方で、こういうイナゴトレードする人達の需要を見込んで買うという選択はありなのではないでしょうか。

 

例えば、インフルエンサーが煽っている株があって、徐々に上げ始めている。まだ初動の段階で、更なるイナゴトレーダーの流入が予想される。それを見込んで今仕込み、噴いた段階で即売ってしまうという戦略を立てる。

 

この場合は、同じイナゴトレードとは言ってもだいぶ毛色の違うものになってきますね。こういったトレードは僕は得意ではないのでしませんが、賢いイナゴになる戦略は十分に勝ちうると考えます。

 

結論としては、イナゴをするにせよしないにせよ、自分で考えを組み立てられる人間が勝ちうる(確率が高い)ということです。みなさんも、教祖に従って株を買ったものの、その後どうしたらいいか分からず狼狽してしまうイナゴにはならないようにしましょう(これは自戒でもあります)

 

規律を守った投資ライフを過ごしましょう!それでは!

プライバシーポリシー